sAccess Netのロゴ画像
>>English Page
サクセスネット (sAccessNet)
Science Accessibility Net
認定NPO法人 サイエンス・アクセシビリティ・ネット
A support network of the accessibility of scientific information for visually impaired people
ナビゲーションバーを読み飛ばす


新着情報

1.科学へジャンプ関連
2.DAISY関連ニュース
3.ICCHP Summer University on math for visually impaired students
4.ソフトウェアの更新
5.認定NPO

■ICCHP

  • 国際会議 ICCHP 2014 でサクセスネットの代表理事が、InftyReader 及び関連するシステム開発などの功績により、ローランド・ワグナー賞(European Award on Computers Helping People with Special Needs) を受賞しました。こちらをご覧下さい → http://www.icchp.org/content/winners

科学へジャンプ・サマーキャンプ関連

科学へジャンプ全体の活動を支えるために、「科学へジャンプ基金」の募集 をしています!

下記のように、寄付して頂いた場合には税の控除や還付など、優遇措置があります。是非、ご協力をお願いします。

  • お知らせ

・「科学へジャンプ・サマーキャンプ2017」(第7回)

科学へジャンプ・サマーキャンプ(第7回)は2017年8月10日(木)~13日(日)愛知県で開催されます。
詳しくは、科学へジャンプのサイト http://www.jump2science.org/をご覧下さい。

  • 「科学へジャンプ・サマーキャンプ2015」(第6回)

科学へジャンプ・サマーキャンプ(第6回)は2015年8月12日(水)~15日(土)愛知県で開催されました。
詳しくは、科学へジャンプのサイト http://www.jump2science.org/をご覧下さい。

  • 「科学へジャンプ・サマーキャンプ2014」(第5回)

    • 日程:2014年8月12日(火)~15日(金)
    • 会場:茨城県守谷市

    詳しくは、科学へジャンプのサイトをご覧下さい: http://www.jump2science.org/

  • ICC2013参加助成

今年度は過去の「科学へジャンプ・サマーキャンプ」参加者の高校生・大学生から希望者を募り、欧州で毎年開催されている視覚障害学生のためのサマーキャンプICC(International Camp on Communication and Computers)2013への参加助成事業を行いました。
ICC は、私たちが実施してきた「科学へジャンプ・サマーキャンプ」のモデルの一つとなった,欧州の視覚障害学生のためのサマーキャンプで、1993年からヨーロッパの各地で毎年開催されています。2013年度は7月15日~7月24日にチェコ共和国のテルチで開催されました。 詳しくはこちら をご覧下さい。

  • 「科学へジャンプ・サマーキャンプ2012」(第4回)

    • 日程:2012年8月21日(火)~24日(金)
    • 会場:茨城県守谷市

は無事終了しました。参加生と、保護者、そしてスタッフ一同に多くの感動をもたらしたキャンプとなりました。関係者の方々に感謝します。詳しくは、科学へジャンプのサイトをご覧下さい:http://www.jump2science.org)

  • 「科学へジャンプ・サマーキャンプ2011」(第3回)(→PDF版 Short Report はこちら)

    • 2011年8月19日(金)~21日(月)
    • 東京都新宿区戸山サンライズ

    第2回(昨年度)と同じく科学技術振興機構の助成を受けて、九州先端科学技術研究所とサイエンス・アクセシビリティ・ネットの共催の形で開催されました。
    参加生徒数18名(高校生8名、中学生10名、全盲6名、弱視12名(多くは点字使用者))、保護者、講師、支援スタッフ等を含め参加総人数は約100名
    詳細はこちらのサイトをご覧下さい → http://www.jump2science.org/jssc2011

  • 「科学へジャンプ・サマーキャンプ2010」(第2回)

    • 2010年8月20日(金)~22日(月)
    • 国立阿蘇青少年交流の家(熊本県)
  • 参加生徒数30名(全盲21名、弱視9名)、保護者、講師、支援スタッフ等を含め参加総人数は約150名
    詳細はこちらのサイトをご覧下さい → http://www.jump2science.org/jssc2010
  • 「科学へジャンプ・サマーキャンプ2008」(第1回)

    • 2010年8月22日(金)~24日(月)
    • 東京都新宿区戸山サンライズ
    全国各地から18名の全盲の中学生、高校生が参加、保護者、講師、スタッフなど参加総人数は約100名
    「科学へジャンプ・サマーキャンプ2008」報告(PDF)が次のサイトに掲載されています: 2008年度 Jump to Science
    多くの写真とシラバスの詳細、講演の全文記録、アンケートなど、豊富な内容となっています。 テキスト版もあります。

    JST「地域の科学舎推進事業『全国規模ネットワーク支援』」事業

2009年7月 独立行政法人科学技術振興機構(JST)「地域の科学舎推進事業『全国規模ネットワーク支援』」事業として「科学へジャンプ視覚障害者全国ネットワーク構築」事業(3年間)が採択になり、九州先端科学技術研究所を事務局として2009年~2011年の科学へジャンプ事業がスタートしました。

    • 合宿型の全国版「科学へジャンプ・サマーキャンプ」
    • 各地域での「科学へジャンプ・地域ミニ版」
    • 最新の支援技術を含むITリテラシー研修

    詳しくはこちらをご覧下さい。→ http://www.jump2science.jp/

    「科学へジャンプ・サマーキャンプ2010」と「科学へジャンプ・サマーキャンプ2011」は、この全国規模ネットワーク支援事業の一環として九州先端科学技術研究所と サクセスネットの共催により開催されました。 サクセスネットではこれらのイベントに参加する生徒の旅費の支援を行うと供に、メンバーが実際の活動においても中心的な役割を担っています。

マルチメディアDAISY教科書(数学・理科)製作に関するニュース

研究集会 「科学情報の電子化・自動処理,およびそのアクセシビリティ」
と講習会「マルチメディアDAISYコンテンツ制作システム ChattyInfty3」

開催日:平成27年2月7日(土),8日(日)
会 場:日本大学理工学部駿河台校舎5号館2階(東京,お茶の水)
http://www.cst.nihon-u.ac.jp/campus/surugadai.html
詳しくはこちら

研修会 「DAISY教科書や本を体験してみよう」

日時:平成26年2月16日(日)13:30 ~ 16:40
会場:都久志会館 601号室(http://tsukushi-kaikan.jp/)
〒810-8583 福岡市中央区天神4丁目8-10

詳しくはこちら

講演会 「理数系をはじめとするデジタル教科書のアクセシビリティをめぐる諸問題」

日時:平成26年2月9日(日)13:30 ~ 17:00
会場:東京工業大学キャンパス・イノベーションセンター(東京,三田)

詳しくはこちら

マルチメディアDAISY教科書(数学・理科)製作ボランティア育成講座

期間:2012年11月5日~12月6日
詳しくはこちら

サマーユニバーシティ (ウィーン、テルチ、リンツ、カールスルーエ、パリ)

  • 正式名は ICCHP Summer University on Maths, Science and Statistics for Blind and Partially Sighted Students です。
  • http://www.icchp-su.net/
  • 2010年7月12日~13日 第12回の国際会議 ICCHP2010 ではプレ・ワークショップとして、視覚障害のある学生のための数学のアクセシビリティに関する夏期大学を開催され、サクセスネットのソフトウェア InftyReader と ChattyInfty の使い方に関する講習会がそれぞれ2日間のセミナーとして開催されました。講師はサクセスネット副理事長の山口雄仁さん(日本大学)。詳細はこちら
  • 2011年はチェコの Brno 大学がホストになり Telc で 2011年7月29日~8月3日に開催され、 InftyReader と ChattyInfty のセミナーが合計で5コマ開かれました。今年度は学生だけでなく、視覚障害がある研究者・教師や視覚障害者を支援するスタッフなども参加し盛況でした。詳しくは http://icchp-su.net/ をご覧下さい。
  • 2012年は再びリンツで、第13回の国際会議 ICCHP2012 のプレ・ワークショップとして開催されました。 InftyReader と ChattyInfty のセミナーが合計で4コマ開かれました。
  • 2013年はカールスルーエで第4回が開催され、今回も InftyReader と ChattyInfty のセミナーがそれぞれ開催されました。
  • 2014年はパリ大学第8部で第14回の国際会議 ICCHP2014 のプレ・ワークショップとして第5回が開催され、今回も InftyReader と ChattyInfty のセミナーがそれぞれ開催されました。
  • 2016年はオーストリアのリンツで、第15回の国際会議 ICCHP2016 のプレ・ワークショップとして開催され、 InftyReader と ChattyInfty のセミナーがそれぞれ開催されました。詳しくはhttp://www.icchp.org/su-16をご覧下さい。

ソフトウェアの更新

  • [2017年8月12日] 
      - InftyReader Ver.3.1.3.8
  • Inftyreader の更新内容の詳細はこちらをご覧下さい。

  • [2017年8月4日]
      - ChattyInfty Ver.3.10d (AITalk版/SAPI5版)

    [2017年6月22日] 
      - ChattyInfty Ver.2.28e
      - InftyEditor Ver.3.28e

    InftyEditor と ChattyInfty の最新版:更新内容の詳細はこちらをご覧下さい。

    [2017年4月28日]
    - ChattyBooks Ver. 1.04

  • [2014年10月22日]
    数学文書用の自動点訳ソフト IMLtoBraille と、数学文書用の点字エディタ BrailleInfty を公開しました。
    いずれもフリーソフトです。詳しくはこちらをご覧下さい。

サクセスネットは認定NPO法人です。

  • サクセスネットは2011年6月から、認定NPO法人になりました。
  • 下記の「科学へジャンプ基金」を含め、サクセスネットへの寄附金は税制上の優遇措置を受けることができます。

● 個人の場合 
所得税の確定申告を行うことで税金が還付されます。新寄付税制により、従来の「所得控除」のほかに「税額控除」が加わり、有利な方を選択できるようになりました。そのため、最大で(寄附金-2,000円)×40% が所得税が控除されます。
更に、 お住まいの地域の自治体でサクセスネットが対象団体として指定されている場合には、個人住民税の寄附金控除も受けることができます。
● 法人の場合 
法人の場合は寄付額が所得税の控除の対象になります。2012年4月1日以降開始事業年度から寄附金の損金算入限度額が拡大されました。

詳しくはお近くの税務署にお尋ね下さい。また、こちらもご参考下さい:
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/pdf/11.pdf

● 確定申告の際に、当団体が発行する領収書が必要となります。
入金確認後に領収書をお送りいたしますので、お手数ですが、お名前・ご住所をお知らせいただきますようお願いたします。
E-Mail: office「@」mail.sciaccess.net (@ の前後の「」は除いてお送り下さい。)

 


 ▲このページのトップへ
sAccess Netのトップページへ

お問い合わせはこちらまで