サクセスネット(特定非営利活動法人サイエンス・アクセシビリティ・ネット)

数式文書読み上げソフトウェア ChattyInftyのロゴ画像 ChattyInfty

ナビゲーションバーを読み飛ばす


sAccess Netのトップページへ

InftyProjectのトップページへ


■ChattyInfty3 --- 音声付き電子書籍・教材編集ソフト

主な特徴
  • 高品質な音声合成エンジン(AITalk)による音声を含んだアクセシブルな電子書籍・教材(DAISY, EPUB3等)を非常に簡単に作成できます。
  • 合成エンジンによる読み上げの「読み」や「アクセント」、「間合い」を簡単な編集操作で調節することができます。
  • AITalkの読み上げ辞書へのユーザー登録も編集画面から簡単に行うことができます。
  • 編集結果はワンクリックでマルチメディアDaisyやEPUB3 の形式で出力できます。
  • 図中の文字を順にハイライトして読み上げることも可能
  • PDFから数式をコピー・ペーストして読み上げ!(InftyReader が必要)
  • 全ルビの自動生成が出来ます!(自動点訳ソフトExtraが必要)

ChattyInfty3 の機能をイラスト付きでわかりやすく説明したパンフレットがこちらにあります。→パンフレット

価格改定(new ) --- 詳しくはこちらの購入サイトをご覧下さい。

・従来は1ライセンスで2台のPCにインストールできる価格設定でしたが、1PC毎のライセンスとなり、従来の約半額での導入が可能になりました。
・1つのシリアル番号で複数のPCにインストールして利用できる割引価格のパックライセンスが導入されました。
・ChattyInfty(AITalk版)にも1年ライセンスが導入されました。

ダウンロード (Windows版のみ):

・ ChattyInfty3_AITalk版 (2017年9月20日版) --- Windows10 creator update 対応

[重要] Windows 10 update でのライセンス認証エラーを防ぐため、Windows10 でご利用の方は、必ず Ver.3.10a 以後のバージョンに更新して下さい。

人の声に近い高品質音声合成エンジン(AITalk)を内蔵したパッケージです。AITalk版は日本点字図書館との共同開発による製品です。

Ver.3.09 では図中の文字やテキストをハイライトさせながら読み上げる新しい方式が導入されました。(詳しくは下記の修正記録をご覧下さい。)

Windows10 のアップデートでライセンスキーが無効になる問題に対応しました。(Windows10 でご利用の方は必ず Ver.3.08以後のバージョン に更新して下さい。)

ChattyInfty3(AITalk版)を利用するためには、必ず上記の「音声辞書」と「本体」の両方をインストールする必要があります。

バージョンアップ時の便宜を考えて、ファイルサイズが大きい音声辞書と、アプリ本体を分けてパッケージ化しています。バージョンアップ時には本体パッケージのみをダウンロードしてインストールすれば、ソフトウェアの更新が出来ます。

上記の音声辞書パッケージ版はファイルサイズが大きいため、ダウンロードが難しい場合はサクセスネットの事務局までご連絡下さい。DVD版をお送りします(送料は着払いになります)。

[注意] ChattyInfty3 の配布パッケージには mp3 変換ライブラリが含まれていません。そのままでは、音声出力は wav 形式になります。mp3 による Daisy や EPUB3 の音声出力機能を有効にするためには、ユーザーさんご自身で別途 FFmpeg を入手し、インストールする必要があります。詳しくは FFmpeg の入手法 をご覧下さい。(この説明ファイルは ChattyInft3 AITalk版のパッケージにも含まれています。)

[修正記録]

  • ChattyInfty Ver.3.03 → Ver.3.05 での変更点についてはこちらをご覧下さい。
  • ChattyInfty Ver.3.05 → Ver.3.06 での変更点についてはこちらをご覧下さい。---- 数式の出力が拡大しても呆けなくなりました。また、白黒反転しても消えません。
  • ChattyInfty Ver.3.06 → Ver.3.07 での変更点についてはこちらをご覧下さい。 ---- AITalk版でも SAPI5 の英語音声が使えるようになりました。
  • ChattyInfty Ver.3.07 → Ver.3.07c での変更点についてはこちらをご覧下さい。
  • ChattyInfty Ver.3.07c → Ver.3.07d での変更点についてはこちらをご覧下さい。--- ルビの操作性が向上しています
  • ChattyInfty Ver.3.07d → Ver.3.07e での変更点についてはこちらをご覧下さい。
  • ChattyInfty Ver.3.07e → Ver.3.08 での変更点についてはこちらをご覧下さい。---- Windows10 のアップデートでライセンスキーが無効になる問題に対応しました。
  • ChattyInfty Ver.3.08 → Ver.3.08a での変更点についてはこちらをご覧下さい。
  • ChattyInfty Ver.3.08a → Ver.3.09 での変更点についてはこちらをご覧下さい。
  • ChattyInfty Ver.3.09a → Ver.3.09b での変更点についてはこちらをご覧下さい。
  • ChattyInfty Ver.3.09b → Ver.3.09c → Ver.3.09d での変更点は、自動バックアップ機能が搭載とバグの修正です。安定性が向上しています。
  • ChattyInfty Ver.3.09d → Ver.3.10 での変更点についてはこちらをご覧下さい。--- 検索・置換の安定性と機能強化、単語辞書のインポート機能など。
  • ChattyInfty Ver.3.10 → Ver.3.10b → Ver.3.10c → Ver.3.10d での変更点についてはこちらをご覧下さい。
  • ChattyInfty Ver.3.10d → Ver.3.10e では数式に対するルビをテキストモードにしました。

・ ChattyInfty3_SAPI5版 (2017年9月20日版)

Windows の SAPI5 音声を使う ChattyInfty3 は次のリンクからダウンロード出来ます:

  • ChattyInfty310e_SAPI5_Setup.zip (約48MB) ------- 2017年9月20日版 new
    (Ver.3.05 からは1年ライセンスも正規ライセンスとソフトウェアは共通になりました。)

SAPI5 の日本語音声と英語の音声がインストールされているパソコンであれば、日本語の部分と英語の部分の音声を切り換えて読み上げる マルチメディアDaisy や EPUB3 のコンテンツを制作することが出来ます。特にWindows8 の SAPI5 音声は評価が高く、人工音声であることを感じさせない、ネイティブの英語によるマルチメディア製作を行うことが出来ます。
日本語音声についても、ナレッジクリエーション社の「しゃべるんです」というソフトをインストールすると、「みさき」という聞きやすいSAPI5の日本語音声を ChattyInfty3 から使えるようになります。(但し、「しゃべるんです」の音声で出力した音声を含むDAISYコンテンツの再配布はできませんので、ご注意下さい)。
また、ドキュメントトーカーの音声も利用することができます。

「しゃべるんです」の入手先 → http://www.knowlec.com/?page_id=268
ドキュメントトーカーの入手先→ http://www.createsystem.co.jp/DTalkerSapi1.html

[注意1] SAPI5 版のインストーラは日本語版・英語版共通です。
インストール時に言語選択で「Japanese」を選べば日本語版がインストールされます。言語はインストール後も日本語と英語を切り換えることが出来ます。 (マニュアルは英語のみです。)

[注意2] 音声の mp3 形式での出力、および ffmpeg については、AITalk版に関する上の[注意]を参考にしてください。 

(※) ChattyInftyで使える Windows 版の ffmpeg のパッケージをこちらに置きました。解凍して bin フォルダに含まれている ffmpeg.exe を ChattyInfty のインストール先の ChattyInfty.exe と同じフォルダに置いて下さい。

購入について:

  • ChattyInfty3(AITalk版・SAPI5版) の 購入サイトはこちら にあります。
  • ChattyInfty3(AITalk版)のライセンスが登録されたパソコンでは、別途シリアル番号の登録をしなくてもそのまま ChattyInfty3_SAPI5 もご利用頂けます(Ver.3.02c以後)。
  • SAPI5 版の ChattyInfty3 は ChattyInfty2 のライセンスがあればご利用頂けます。シリアル番号も共通です。

■ アニメーション機能

新しい ChattyInfty (Ver.3.03以後) により作成した「図中の文字を順にハイライトして読み上げる」マルチメディアDAISYのサンプルがこちらからダウンロード出来ます:

■ PDFからの「認識して貼り付け」の機能(オプション)

Ver.3.02 以後の ChattyInfty では PDF のスナップショットによりコピーした数式の画像を直接 ChattyInfty の本文に「認識して貼り付け」ることが出来ます。
詳しくはこちらをご覧さい。→ PDF からの数式のコピー・ペースト機能 (この機能を使うためには、別途 InftyReader が必要です。)

■ 全ルビの自動生成(オプション)(Ver.1.0.9) --- 2017年11月9日版

[注意]2017年2月20日に公開した AddRuby1.6d は一部のパソコンで動作しないバグが有り、修正しました。機能は同じですので、バージョン番号は変えていません。お手持ちのパソコンで動作しなかった方は、下記の2月23日版をご利用下さい。

AITalk版ChattyInfty用の AddRubyPlugin では、全ルビ変換の精度が大幅に向上しました。--- AITalk による読み上げテキストの結果も併用することにより、変換精度が向上しています(Ver.1.0.6以後)。

Ver.3.02 以後の ChattyInfty では、追加のプラグインソフト AddRubyPlugin(フリー)をインストールすることにより、編集中の文書の全ての漢字に自動でルビを振る機能が使えるようになります。これにより、「全ルビ」のマルチメディアDAISYコンテンツ製作のコストを大幅に軽減することができます。詳しくは こちら をご覧下さい。→全ルビ変換

・前のバージョン(ver.1.0.3)では自動点訳ソフト Extra for Windows が必要でしたが、バージョン1.0.4からは不要になりました。
効率的に変換補正をするための、ユーザー定義補正辞書が使えます。
・全ルビから、特定のルビだけ残して、他のルビを一斉に削除する機能も追加されました。
・Ver.1.0.5 からは、全ルビ変換の際に、「文字単位のルビ振り」と「単語単位のルビ振り」を選べるようになりました。
・Ver.1.0.5a では元のファイルが UTF8 で ShiftJIS に変換できない文字が含まれている場合に、変換されなかった文字のリストがファイルに保存されるようになりました。(保存されるファイル名は実行時にポップアップメッセージで表示されます。)
・Ver.1.0.5g では、分かち書きの全角スペースが消えるバグを修正しました。
・Ver.1.0.5h では、単漢字の音読み・訓読み判定や現代社会の単語の読みを強化しました。
・Ver.1.0.5i は Ver.1.05h のバグ修正(数字や数式の後に"M"が入る)です。
・Ver.1.06dでは、AITalkの読みの利用と、辞書の更新により、変換精度が向上しています。
・Ver.1.06e, Ver.1.06g は バグの修正、及び変換辞書の修正 (年号等の漢数字のルビがアラビア数字に変更されています。)
・Ver.1.06hでは、「全ルビ削除」のバグが修正されています(途中で落ちてしまう場合がありました)。
・Ver.1.06i では、小学校の教科書などで漢字熟語の一部が平仮名になっている場合のルビの精度が向上しています。
・Ver.1.07 では、前のバージョンの重要なバグ修正です。 (漢字の後の「や」などがルビの中に入ってしまう現象)
・Ver.1.07a では、漢数字のルビを、連続した漢数字に対してのみアラビア数字とするようにしました。(また、補正辞書で登録した漢数字のルビは登録通りのるびになります。)
・Ver.1.08 では、定評のある日本語解析エンジンMECABを組み込み、変換精度が大幅に向上しました。また、ChattyInfty でのルビ挿入ダイアログに自動入力されるルビ文字列の精度も向上し、且つポップアップの表示も瞬時で、待たされる感じがなくなります。→ Ver.1.08 の新機能について
・Ver.1.08b は 1.08 のバグ修正版です。(ルビの「ん」が片仮名の「ン」になる場合が発生していた点を修正しました。)
・Ver.1.08c は 1.08b で処理が非常に遅くなっていた点を修正しました。
・Ver.1.08d は 1.08c のバグ修正版です。(元のファイルにルビが付いている場合の分かち書きの不具合等修正)
・Ver.1.09 での修正点はこちら

■ChattyInfty2 --- 視覚障害者でも使える理系文書編集ソフト

-new-
Ver.2.28e が公開されました。(2017年6月22日)
※Windows版のみ

主な特徴
  • キーボードからの入力のみで、複雑な数式も容易に編集可能
  • カーソルキー操作によりテキストだけでなく数式も音声で読み上げ
  • 編集結果はLaTeX、XHTML、Word 形式等で出力可能   
  • InftyEditorと完全互換の文書ファイル使用(iml)   
  • InftyReader と組み合わせれば,印刷された数学文書を読むことが出来ます

チャティ・インフティに関する詳しい説明は、AboutChattyInftyJ.txt および こちらのマニュアルをお読み下さい。

チャティ・インフティはインストール後15日間は無償で利用できますが、継続して利用するためにはライセンスキーを購入する必要があります。(試用日数には使わなかった日は含めません。)

チャティ・インフティ (Ver.2シリーズ)をダウンロードするには、次をクリックして下さい。

Ver.2.27 からは1年ライセンスも正規ライセンスとソフトウェアは共通になりました。

■ 購入

購入サイトはこちら

シリアル番号やライセンスキーの取得方法も、購入方法の説明の所にあります。

英語版の Chatty Infty のユーザーがスクリーン・リーダー ”JAWS”をお使いの場合は、Chatty Inftyをお使いになる前に、 For-JAWS-Users.txt をご覧下さい。

サクセスネット(NPO法人サイエンス・アクセシビリティ・ネット)のトップページへ


▲TOP