サクセスネット(特定非営利活動法人サイエンス・アクセシビリティ・ネット)

数式認識ソフトウェア InftyReaderのロゴ画像 InftyReader

ナビゲーションバーを読み飛ばす


sAccess Netのトップページへ

InftyProjectのトップページへ


■使い方の例

  1. InftyReader を起動した画面で、画像ファイル又はフォルダを選びます。
  2.出力ファイルのタイプ (IML, LaTeX, XHTML など)を選択し、入力画像の言語等などの設定を選んでチェックをいれます。
  3. 出力ファイル名を入力します。
  4. 認識開始ボタンを押します。

すると、ファイルを選んだ場合はそのファイルの認識結果が、フォルダを選んだ 場合はそのフォルダ内の全ての画像ファイルの認識結果が指定した出力ファイル名 のファイルにまとめて書き込まれます。
フォルダを選んだ場合で、「オプション」で「選択したフォルダ以下のサブフォルダ も認識対象にする」にチェックを入れた場合、各サブフォルダ内の画像の認識結果が サブフォルダ名に tex, iml, xhtml の拡張子を付けたファイルに出力されます。
例えば、下記のようなフォルダ構造をもつフォルダ "folodertop" を入力画像フォルダ名として選んだ場合、

foldertop
    |-- subfolder1
    |       |-- a.tif
    |       |-- b.tif
    |
    |-- subfolder2
            |-- c.tif
            |-- d.tif

出力ファイルのタイプが "IML" であれば "subfolder1.iml" と "subfolder2.iml" が "foldertop" フォルダ内にできます。そして、画像ファイル a.tif と b.tif の認識結果が subfolder1.iml に、c.tif と d.tif の認識結果がsubfolder2.iml に書き込まれます。

【InftyEditorを使っての操作】

InftyEditor から直接 InftyReader を呼び出して認識を実行することもかのうです.(Ver.2.04x 以後の InftyEditor をインストールしていただく必要があります。)

こちらの操作方法については、InftyEditor専用ページの使用方法を参考にして下さい。
  →InftyEditor 使用方法のページへ


▲TOP